アートセラピー Peace Story

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間関係の不思議(ケーキ屋さんで思うこと)

<<   作成日時 : 2008/01/15 18:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリスマスシーズンだけのアルバイトをするつもりだったケーキ屋。
でも、結局バレンタインデーまで仕事を延長することになってしまった。
(短期アルバイトが延長できる期間はそこまで、レギュラーのパートタイマーにはなれない)
そこで、働きながら思うことは、
人はいくつになっても、どこででも学ぶことはたくさんあるのだ。
ということ。

私が働いているケーキ屋は、関西の百貨店だけでなく、東京や名古屋の百貨店にもお店を構えるほど大きいケーキ屋ですが、もとを正せば芦屋の小さなケーキ屋から始まったもの。
創業で言えば10年をちょっと超えるくらいのお店なので、社員さんの多くは20代の方ばかり。

でも、そこで働くパートタイマーの方々は50代の女性も多いですが、30代の男性もいらっしゃり、私にとっては不思議な世界。
・・・男性でもパートタイマーで働くんだ・・・

他人がどんな仕事につこうと私には関係ないことですが、
ケーキ屋なので休みは毎週土日と決まったわけでなく、会社の都合で休む日数も決まる。
それに、仕事の指示をする人はほとんどが20代の女性社員
きっと、自分の子どもの年齢くらいの社員さんもおられるはず。

私は、男性は“プライドが高い生き物”だと思っていた
でも、そこで出会う人は必ずしもそうではない。
また、ずっとパートタイマーとして働く人から見れば私たち短期アルバイトはとっても扱いにくい存在だと思う。
1日の生産量はその日の注文数によって異なるが、今(1月中旬)は通常の生産量だから、私たちがいる分、工場は早く終わる。
パートタイマーさんからすれば、その分給料に響くだろうに。
それに、社員からすれば、仕事に慣れていない短期アルバイトは生産性が低いため、生産性を挙げるにはどうすればいいのか頭を悩ませることにもなるだろうし・・・
※生産性をあげるために、もっと頑張って欲しいといわれた。

私が働く工場で出会う人達に悪い人はいない。
みんな親切に仕事を教えてくれる。
それは年齢に関係なく、本気でケーキ作りを学びたい人やケーキに触れていたい人にとってはいい環境だと思う。

だけど、事務職やパソコンのインストラクターとして働いてきた私にとっては、本当に不思議な空間だ。(本当に今までと人間関係が違う)
そして、パソコンに向かって仕事をしてきた頃と大きく違うことは、体の疲れる部分が違うことと、歯を食いしばることがなくなったこと。
・・・気楽に働いているからともいえるが・・・

でも、この仕事が終わったら、どこか旅行に行きたいな。
前から行ってみたかった屋久島か、天岩戸あたり。
もし、スポンサーがいたらオーストリアにいってみたいのだけど、それはまだ当分無理だろうなぁ。(でも、期待しているんだけど!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間関係の不思議(ケーキ屋さんで思うこと) アートセラピー Peace Story/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる