アートセラピー Peace Story

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々のプール学習

<<   作成日時 : 2017/06/18 12:03  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

障がい児を教育するうえで大切なのは、安全を確保すること。

とはいえ、聴覚障がい児のプール学習の場合は、必ずしも教員全員体制で授業しないのですが、

知的障がい児や肢体不自由児の場合は、担当学年の先生は全員
そのうえ、場合によっては他の学年から応援に来てもらうことがあります。


それは、できるだけマンツーマンで子どもたちについて、安全確保をするため。

聴覚障がい児の場合でも、女性の教員が多く、生理中でプールに入れない人が多い場合、
応援できるようにはしています。
でもそれは、小学部の話。

成長するにつれ、聴覚障がい児は一人で放っておける部分が増えるから、
ほとんど応援に行かなくてもよくなります。

でも、知的障がい児の中には、成長してもマンツーマンが必要な子がおり、
肢体不自由児の場合は、成長するにつれ、逆に体の自由が利かなくなっていく子もいる
ので、

例えば、普段の体育の授業では、教員が少ししか参加しなくても大丈夫だとしても、
プールの授業だけは、担当学年の先生が全員参加するなんてことがあります。
実際に、今の学年の場合は、
通常の体育の授業では7人程度ですが、
プール学習の時は17人態勢で授業しています。


そんなこともあって、先週から始まったプール学習に参加しています。

私は、基本的にプールの中に入り、子どもの安全を確保する係です。
夏休みまで、あと8回プール学習があるので、
無理せず、安全に子どもたちの安全を守るお手伝いをする予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々のプール学習 アートセラピー Peace Story/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる