アートセラピー Peace Story

アクセスカウンタ

zoom RSS チャンスがいっぱい

<<   作成日時 : 2017/07/02 12:53   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

支援学校で働きだしてよかったと思うことは、自分の生活の見直しをできること

それは家庭科の教員免許をとったことでも同じことがいえるのですが、

いろんなことが苦手な子が多い学校では、ひとつのことを教える場合でも
いろんな教え方が必要で、普段自分がしていることを根底から覆し、
細かなことから見直して、再度どんなふうに動いているのかを分析する


こういうふうに書くと、とても難しそうに聞こえますが、
結局は、無駄な動きを省き、できるだけシンプルに生きるためには、

どんなことができればいいのかを見つめなおす感覚です。

その中には、食物を見直すことも含まれていて、
アレルギーにより、小麦・牛乳・卵が食べられない子からは、

忙しい時は、レトルト食品や総菜を買って済ませている生活を総点検させてもらい、
自分に必要な栄養素ってなんだってことを、深く考えるチャンスをもらっている気がするのです。

そのうえで、もう一度自分の生活を見つめなおしてみると、
添加物だらけの生活してるなとか、
洗濯や掃除にしても、毎日ちょっとづつしていると、大変にならないなぁ
とか、

分りきっているけど、忘れていることを見つめなおす時間を与えてもらっている気がするのです。

特に、私の場合は、講師として障がい児教育に携わるようになって10年目ですが、
福祉科や家庭科の教員免許を追加で取得したり、
大学院で勉強しなおしたりしている期間がトータルで8年目になり、
その間、自分の生活を放棄するようなことが多かった。

勉強にかまけて、生活から逃げていた。

でも、生活を教える立場にいる・・・・・

今年は、修士論文作成で忙しいのですが、
そんな合間に、自分の生活を見直す時間が取れてよかったと思ってます。

特に、2年前に、過労でぎっくり腰になり病休し、
1年前と、今年は顎の手術で病休と、ゆっくり考える時間があったにも関わらず何もしてこなかったから、
その分、今、本当に忙しくなる前に、考えとけよって、言われている気がする。

ちなみに、レトルト食品、缶詰、のりや昆布、チーズにケチャップ、
毎日惣菜を食べているとほとんど使わなくて、冷蔵庫の隅に押しやられていく


でも、調理実習をする前には1度くらい練習しないとと思い、買ったものたちが、
賞味期限切れのものもあれば、もうすぐ切れるものまでさまざまあった
のですが、
この1ヶ月半、真面目に使い切り作戦に出て、7割はなくなりました。

残っているのは、のりと昆布、鰹節、粉寒天、ベーキングパウダーだから、
これを全部諸費するのにしばらくかかりますが、工夫して使い切りたい


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャンスがいっぱい アートセラピー Peace Story/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる