アートセラピー Peace Story

アクセスカウンタ

zoom RSS 前半のインタビュー終了

<<   作成日時 : 2017/07/30 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

夏休みに入ってから、修士論文を書くために本格的にインタビュー始めました。

テーマは「知的障がい者が介護の職場に適応するための教育」

1件目は、3月まで勤めていた高等支援学校
知り合いということもあって、気軽に話ができてよかったです。
でも、私の勘違いが多いことが分り、反省すること、考え直さなければならないことが多いです。

あと、教え方のポイントを教えてもらいました。
これが一番分りやすく、本当に大切なことばかりだと感じました。

2件目は、職業訓練校でホームヘルパーの資格を取って、介護施設で働いている方と、
その人が勤務する施設
でお話を聞きました。

資格を取った方への聞き取りでは、すでに勤務しだしてから10年以上も経っていることもあり、
仕事をしだした頃の苦労も薄れているのか、
「そんなに大変ではない」というお話がほとんどで、
人によって、考え方が違うのかもしれないなぁと感じました。

また、その方が働かれている施設の施設長からは、
とても真面目で我慢強い方なので、苦労しているといわないのではないかといわれました。

ただ、何かあった時のバックアップがとれるようにしているとのこと。

施設長がいった言葉の中で一番印象に残ったのは、
「高齢者の場合と障がい者の場合の支援は違う。
 高齢者は、動けなくなってきて、もしくは認知症になって介護施設に入られる方が多い。
 この場合、寄り添うように支援する。
 でも、障がい者、特に若い方の場合は自立してもらわないといけない。
 だから、何かあった時には支援するが、基本的には厳しく接する」とのこと。

障がい者は、単に支援をしてもらうだけの立場ではないので、
中には高齢者施設のショートステイを経験して、こっちがいいという方がいるようなお話も・・・

人間、楽なほうに流されがちですが、
あえて厳しんことをいう人ともつきあってみると、人生が大きく変わるのになぁと、
思いました。


にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前半のインタビュー終了 アートセラピー Peace Story/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる