善竹兄弟狂言会に行ってきました

今年の2月、伊丹能楽塾でお世話になった善竹隆平先生が出演される「善竹兄弟狂言会」に行ってきました。

ここでいう善竹兄弟とは、隆司さんと隆平さんのこと。私が教えていただいたのは弟の隆平さんのほうですが、
舞台で演じている隆平先生はやっぱりピリッと引き締まっていました。

今回の演目は「三番三(三番叟とも書く)」「簸屑」「千切木」の3つ。
お祝いの席で演じられることの多い「三番三」。実は、今回私は初めて見た。
大鼓・小鼓などと一緒に演じる狂言というか、舞は、他の狂言と違って神様にお祈りをする要素が多くて、笑いの部分がない。
でも、本来狂言よりも能楽のほうが好きな私としては、「三番三」の心地よい緊張感がすごくよかった

でも、一番面白かったのは、ほんのちょっとアレンジを加えた「千切木」でした。
隆司さんと隆平さんのお父様も当然狂言師なのだが、「千切木」の当家役として出演していた。
そして、隆司さん演じる太郎が、隆平さん演じる妻に
「誰にそんな目に合わされたのか」と聞かれたとき、
「忠一郎」といったのだ。
この忠一郎こそ二人のお父さんで、それを知っている観客から「ワッ」と大きな笑い声が起きた

そんなアレンジも許される、狂言って面白いなぁと思いながら帰ってきた。

この記事へのコメント