資格におごれない

本日、3月で勤務が終わる中学校に簡易の離任式&新しい講師の方への引継ぎに行ってきました。
転勤になられる教諭の方々は転勤に際しとっても熱い気持ちを語っておられました。
私は初めて2年連続で勤務した学校ではありますが、この11年毎年のように異動していたこともあり、異動することに対し不安は少なく、残していく人たちに対する心残りもあまりないので、寂しくはありますが、涙はありませんでした。

話は変わりますが、新しい講師の方は元は社会の先生だったようです。
新しく家庭科の教員免許を取り、1年前から家庭科を教えだしたようですが・・・
「まだ1度も調理実習したことがないんですが、調理実習は3年間で1回実施すればいいんですよね。うどんを作ればいいと聞きました」とか、
「ミシンの糸掛けの方法がわからないので、教えてください」という言葉にはびっくりしました。
本人練習するといってましたが、私は今まで1回の料理実習で2~3品作らせていたし、生徒がすぐにミシントラブルで故障させてしまうので、簡単な修理は自分でして、できるだけ業者をよんで修理しなくていいようにしてきたのに・・・
誰にだって初めてはある。ただ、どんなことだって資格を取ったということは最低限の知識を得たということになるのだから、やったことがないでは済まされない。
ましてやミシンの糸掛けなんて、家庭科の教師でなくてもできる人はたくさんいる。

ここからは私の話、4月から予定通り区役所で働くことになります。
社会福祉士の仕事は全くしたことはありませんが、社会福祉士の資格はもっている。
そして、弱い立場にいる小中学生を支援していきたいと思っているので、勤務初日に大まかな仕事の内容をお聞きしてから、私に足りないこと、できないことを早く把握して、まずはWISCのテストの内容とその診断結果の見方などから時間をみて勉強していきたいです。それ以外にも教育と福祉のかけ渡しが主な仕事になるので、福祉の仕事の内容と、どのツールを使えば児童生徒に有効に働くかを早く見極められるようになることと、相談援助業務特有の「本人が選択する」ことを優先するやり方についても、じっくり考えていきたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント