教育から福祉へ

初めて講師をしたのは11年半前、中学校の支援学級の担任がスタートでした。
仕事内容は、担当する生徒が授業を受けるとき、授業内容が理解しやすいようにそばに座って説明したり、ものづくり系の授業では怪我せず作れるようにサポートしたりすることが中心でした。
そんな私も最終的には、一度に40人を教えることができるようになっていた。

今回のこどもを対象とする福祉の仕事は、はじめ何をするのか分からずに応募したのですが、
分かりやすく言うとソーシャルスクールワーカー(略してSSW)が対応する児童・生徒数が多すぎて一人で丁寧に対応するのが難しいと大阪市は考えたのか、社会福祉士などの資格をもったSSWのサポート役として、教育や福祉の勉強をした人や現場で働いたことがある人などを対象に「こどもサポートネット推進員」という人を募集した訳です。
早く言うと、SSWの見習いですね。
見習いはSSWと相談しながら、実質的な支援をします。つまり、他の市町村だとSSW一人でしていることを分担してする形です。
見習いとして働いている人の多くは資格をもっていないので普通はずっと見習いですが、私の場合はすでに社会福祉士の資格を持っているので、いずれ採用試験を受けなおしSSWになることができる。しかも経験者として・・・

講師を始めた時、私に子どもたちが教えられるのかすごく不安だった。
でも、少しずつできるようになっていった。
今回は見習い期間がどの程度必要か分からないけど、講師の時よりは早めに独り立ちしたいと考えている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント