テーマ:狂言

初詣のはしごと若冲の絵

今年は冬休み中、社会福祉士の試験勉強をしようと思っていたのですが、 お正月休みは図書館も休みで、家にこもっての勉強となり、かえって体調を崩しそうだったので、 ここは気分転換も兼ねて、まだいってなかった初詣にいきました。 今年は、いつもと違う年にしたかったので、 初詣は本気モードで、北野天満宮へ、 いわずとしてた学問の神様、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善竹兄弟狂言会に行ってきました

今年の2月、伊丹能楽塾でお世話になった善竹隆平先生が出演される「善竹兄弟狂言会」に行ってきました。 ここでいう善竹兄弟とは、隆司さんと隆平さんのこと。私が教えていただいたのは弟の隆平さんのほうですが、 舞台で演じている隆平先生はやっぱりピリッと引き締まっていました。 今回の演目は「三番三(三番叟とも書く)」「簸屑」「千切木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者のための「上方伝統芸能ナイト」(4月18日)に行ってきました

前回に引き続き、山本能楽堂で行われた「上方伝統芸能ナイト」に行ってきました。 今回は、講談、お座敷遊び、落語、狂言の4つが上演され、途中にお座敷遊びの体験を見学しました。 まず講談から。 今回の講談は、旭堂南海さんが講じてくださいました。私は講談を聞くのがはじめてだったので、どきどきしながらきいていました。 講談というととて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹能の続き・・・

私が始めて本格的なワークショップに参加したのは2005年の秋、能楽のワークショップでした。 それから能楽の舞台をよく拝見させていただくようになったものの、自分がもう一度舞台に立つことになるとは全く思っていませんでした。 なのに、2009年2月、私は再び狂言で舞台に立つことになりました。 その舞台を撮影したDVDが本日手元に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Eenen 延年 狂言文楽浪花話」を見てきました

普段から能や狂言をよく見に行く私ですが、今回始めて狂言と文楽が合体した舞台を拝見してきました。 狂言師は小笠原匡さん、マイムのワークショップでご一緒した尚子さんのご主人で いろんなアイデアを出して狂言を広く見ていただこうとしておられる方。 と、いうこともあって、今回拝見した「狂言文楽浪花話」も新作で、小笠原さんの作。 狂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹能本番 しっかり演じさせていただきました

オリエンテーションを含めて、たった8回の練習で舞台に立つなんて無謀だ!!! と思っていた私ですが、なんとか本番を乗り切ることができました。 さて、今回私が演じさせていただいた「蟹山伏」ですが、 とにかく練習のチャンスが少ないということもあり、ほとんどが自主練習になってしまいました。 それでも、練習が少ないということが事前にわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若手能」(「養老」など)を観てきました

本日、「若手能」大阪公演を見てきました。 第一部は午前10時30分から始まるという、とっても早い開催でとても眠かったのですが、 もうすぐ自分が狂言の舞台に立つことも考え、しっかりと狂言の方々の動きを拝見してきました。 さて、第一部の演目は能「養老」、狂言「子盗人」、能「花月」。 二部は「百萬」、狂言「船渡聟」、能「天鼓」でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹能楽塾の公演は2009年2月7日です

今年初めて伊丹能楽塾の練習に行ってきました。 前回の練習を仕事の関係で休んでしまった私は、気合を入れて臨まなければいかなかったのに、 まだ台詞を頭に叩き込めないまま練習にいってきました。 本日は台詞を覚えたものとして、全体を通した練習。 「蟹山伏」はすんなり演じることができればたった7分で終わるのですが、細かい指示を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹能楽塾(蟹山伏の練習)

前回の練習は、「蟹山伏」の台本をもらい、簡単な内容説明と発声練習、そして、通しで一回練習しただけで終わってしまって、なんてあっさりした練習なのだろうと思っていたのですが、 今回の練習は狂言の基本の立ち方や歩き方も学んで、本格的な練習が始まったという感じがしました。 とはいえ、動きは基本だけ、本番での動きを教えてもらった訳ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more