テーマ:障害者

学会参加第2弾

昨日、予定していた学会のポスター発表が終わりました。 大きなポスターをもって歩くのも疲れたけど、それよりも先週の体育大会に絡んだスケジュールで疲れてしまって 今も疲労がたくさん残っている気がします。 本当なら、今日は学校に行ってたまった仕事をかたずけるところだったんですが、それよりも先に 今在学している大学のレポートを提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての学会参加

大学院に進学した時、学会ってどんなところだろうとずっと思っていたのですが、 今回大阪で学会が開かれることになったので行ってきました。 開場は片道30分程度で行けるところ、ビル丸ごと会議場になっているところで実施されていたので、 基調講演、シンポジウム、ポスター発表がどのようにされているかを見学し、自分がするときの イメージト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風のせいで・・・

大阪では台風のせいでいろんなことが起こってます。 まずは、9月4日(火)は多くの小・中学校が休校になったのですが、 私が勤めている学校は、最寄り駅を走るJRや私鉄が運休したため、5日(水)も休校になりました。 1日中運休ではないかもしれないけど、朝一に教師がほとんど集まらない状態で学校は運営できないので、 やむなく休校に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学院の卒業式

3月24日は大学院の卒業式でした。 なんとなく着物きたくなって着物きてたら遅くなり、遅刻してしまいました。 それでも、学位記(卒業証書)はもらえたけど! さて、いろんな思いが混ざり合った1日でしたが、 社会人のネットワークを使った大学院は面白かったし、多分、今後もなんらかのつながりが残ると思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月からの動向見えてきました

2月に石上神宮にいって、御神剣守をいただいてきたのですが、 これって“起死回生”のお守りなんです。 そんなお守りってなかなか見たことがないと思うのですが、 2月に行ったときは、本当にこれからどうすればいいのか分らないって気持ちでいっぱいでした。 そのままの気持ちを抱えたまま3月に突入。 継続して支援学校を希望してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月から・・・

本当に毎年この時期になると精神的に不安定になります。 今年は仕事がどうなるかもありますが、続けて勉強できるのかも心配でした。 そのうち、1つがはっきりしました。 大学院博士課程へは、4月から進学できないことが決定しました。 その代り、大学の学部へ4年制への編入の申し込みをしました。 元々は科目等履修という形で心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大詰め

修士論文も大詰めを迎えました。 なんとか聞き取り調査の内容だけはOKは出ましたが、 考察書き直し中です。 あと10日切りました。 がんばろうっと!!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調理実習続きの日々

前にいた支援学校でも調理実習をしましたが、今回の学校では 小麦粉、卵、乳製品のアレルギーをもつ生徒がいるので、 レシピ作りが大変です!!! でも、ずっと作っているとこれがけっこう楽しい。 もう少し時間に余裕ができたら、ブログにアップできたらいいんですけど・・・ 最近は皆さんのところへお邪魔する機会がほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修士論文

11月5日に無事勤務する学校の学習発表会が過ぎ、ほっとしたのもつかの間 現実が目の前に・・・ 修士論文の1回目の締め切りは12月11日です。 それまでに、知的障がい者に“介護の仕事”を学ばせるためにいいと思える指導法案を考え まとめなければなりません。 それがあって、2018年の修士論文の最終提出になるので!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追加取材

勤務先の学習発表会の準備でバタバタしている今日この頃、 こんなとても忙しい時期に修士論文の追加取材に行ってきました。 過労気味で取材なんて行きたくない気分だったのですが、 知的障がい者にどのように物事を教えればいいのか、たくさんヒントをもらってきました。 この週末はそのテープお越しをしていたのですが、 大学にUSB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学院も夏休み明け

本格的に論文を書かなければならないシーズンに入ってきました。 後期1回目の授業を終えいわれたことは、 なんと追加調査!!! とはいえ、私は1回目の授業で進捗状況の発表があった分日程的に余裕があったのですが、 来週以降に発表がある方は、追加調査なんていわれたら大変です。 一番遅い発表の方だと10日後になるのですから・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草木染め 既成品を染めてみました

いろんな要素が加わって、生地の色が変わるんだと思うのですが ①綿100%のTシャツ これが一番染めやすいのか、一番いい加減に染めてもこんな感じ ②ポリエステル60%、綿35%、ポリウレタン5%のtシャツ、レースは綿が含まれていないのに染まっちゃった ③ポリエステル51%他、綿が全く入ってないレースが染まったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草木染め準備中

昔から染色に興味があり、藍染めの日傘を体験講座で作ったことはあったんですが、 今回、学校の中庭にあるびわの木から葉っぱを大量にとり、染色することになりました。 ステンシルの場合でも、はじめに布を洗わないといけないのですが、 60度のお湯で洗ったほうがのりが落ちるということを知りませんでした。 ということで、生徒たちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんな時にも気づきはある

何事にも1年目の壁はあって、新しい職場、新しい教科を担当するときなどに 大きく立ちはだかる時がある。 私の場合は、教師になって10年目ではあるけれど 毎年転勤しているので、前年度に学んだ学校のルールは、次の年に通用しないことが多い。 特に、小学部から中学部や高等部、その逆の場合もあるけど、 学部が変わると教育の仕方が変…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あと10日になってしまった

お盆もすぎ、一般企業に勤めている方々は、とうに通常勤務に戻ったと思いますが、 支援学校ではまだ夏休み。 今週末、夏休み中初めての登校日があり、久々に生徒の顔を見ることになります。 そして、9月1日から2学期がスタート。 近年、支援学校でも夏休みに入っても、しばらくプール学習日を設けて、 児童・生徒に登校してもらった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月日が経つのは早いもの

ついこの前夏休みに入ったと思ってたんですが、 夏休みには夏休みにしかできないことまとめてやって なぁんて思って、いろいろ試行錯誤している毎日。 その中に、論文作成のためのインタビューやテープおこしが入ってくるし、 保護者からいただいている教材費をどんなふうに使えば 効率的に授業をできるかなんて考えて、 前半部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前半のインタビュー終了

夏休みに入ってから、修士論文を書くために本格的にインタビュー始めました。 テーマは「知的障がい者が介護の職場に適応するための教育」 1件目は、3月まで勤めていた高等支援学校 知り合いということもあって、気軽に話ができてよかったです。 でも、私の勘違いが多いことが分り、反省すること、考え直さなければならないことが多いです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みになった

私は、毎年、今年は本当に大変だとか、いつもと違うと感じながら生きていますが、 みんなそうなのかなぁと感じることがあります。 平凡が一番。 という方もおられますが、私は大変だぁといいながら、 その大変を楽しみながら生きているなぁと思います。 例えば、今年の大変は、アレルギーのある子どもにも同じメニューで調理実習をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての経験

人は何事も初めて経験することがあるものですが、 以前、こんな子がいました。 中学校まで一般の学校に通っていた子なのですが、 高校は支援学校に入り、伸び伸び過ごしていたところ、 ある日、「僕、病気になったのかもしれない」と言い出したのです。 症状を聞いてみたところ、お腹が痛い。 でも、その痛み、よくよく聞くと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンスがいっぱい

支援学校で働きだしてよかったと思うことは、自分の生活の見直しをできること それは家庭科の教員免許をとったことでも同じことがいえるのですが、 いろんなことが苦手な子が多い学校では、ひとつのことを教える場合でも いろんな教え方が必要で、普段自分がしていることを根底から覆し、 細かなことから見直して、再度どんなふうに動いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々のプール学習

障がい児を教育するうえで大切なのは、安全を確保すること。 とはいえ、聴覚障がい児のプール学習の場合は、必ずしも教員全員体制で授業しないのですが、 知的障がい児や肢体不自由児の場合は、担当学年の先生は全員、 そのうえ、場合によっては他の学年から応援に来てもらうことがあります。 それは、できるだけマンツーマンで子どもたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動会終わりました

昨日、運動会でした。 最近の運動会は、小中学校なども6月に行うところが多くなったため、 弟の運動会や妹の運動会の観戦のために、 途中何度も移動しながら応援し続けてくれた保護者の方も多かったようです。 支援学校の運動会は、一人で動くことが難しい児童・生徒がたくさんいるので、 それを支える先生も結構体力がいるのですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜参観日が終わりました

支援学校で働くようになってから、土曜日に参観日が設定されることに慣れていたんですが 今回初めて日曜日に参観日がありました。 一番困ったことは、 日曜日に働くことがまずないので、朝起きるのがつらかった。 これは生徒のほうにもいえることらしく、朝寝坊して遅れてきた子がいました。 支援学校の場合通学バスがあるのですが、寝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年生の担任って

今年で支援教育に携わって10年目になりますが、1年生の担任になったのは初めてです。 毎年のように異動し、学校ごとに違うシステムについていくのは大変なのですが、 今迄は中学校や高校なら2年生、小学校なら2年か3年生の担任(もしくは副担)だったので、 子どもじたいが学校にある程度慣れ、 例えば家庭科室はどこにあるとか、 朝のラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二月堂のお水取り~講演会の参加まで

生まれて初めてお水取りに行ってきました。 全く知らなかったんですが、お水取りって3月1日~14日まで毎日しているんですね。 ちなみに私が行ったのは最終日 帰りに松明の燃えカスもらってきました。 2日くらいは”燃えカス”って感じのにおいがすごくしていたんですが、 さすがに5日目になるとほとんど気にならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恒例の異動です

本当にこんなに異動ばかり続くなんてどうなっているんだろうと思うほど、8年連続異動です。 とはいっても、今回行くことになった学校は、以前非常勤講師で働いていた学校、 つまり2回目の勤務です。 でも、仕事内容は全く変わります。 以前勤務した時は、肢体不自由児が対象でした。 そして、今回は知的障がい児が対象になります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学院で発表します

11月3日(木)の文化の日は、大阪市立大学大学院のホームカミングデーです。 そこで、私は共同研究の内容を発表します。 1.立ち上げ時のNPOの支援について  この中で、なぜこの課題を選んだか、教授と院生のグループで共同研究することになった経緯を説明します。  その後、ゲストによるシンポジウムがあります。 2.障がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生には順番がある

最近思うのは、人生には順番があるということ。 例えば、小学校や中学校で習う勉強は、この順番で勉強しないと理解しにくいというものがたくさんあります。 それと同じように、人生もこの順番で出会ったから次のステップに進めたということがたくさんあるような気がします。 例えば、私が学校で教えることになったときも、初めは一般中学の特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本へ行ってきました

震災が起こるたび、私に何ができるのだろうという気持ちがありました。 阪神大震災の時は、震災地の近くに住んでいましたが、 ちょうどその時に顎の病気がみつかった時でもあり、自分の生活のことで精いっぱいで何もできませんでした。 東北の震災の時は、いったん治っていた顎が徐々に悪くなって 震災当日に2度目の本格的な治療が始まること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月は仕事、大学院、顎の治療と大変だった

大学院のレポート作成が大詰めを迎え、8月1日(月)に提出したら、前期分が終了になります。 ほんとこの1ヶ月大変だった。 レポート作成も大変だったけど、 顎の状態が悪くなり、二転三転と治療法が変わって、 精神的にも、肉体的にもどうなることかとドキドキでした。 それと同時に、初めて本格的に生徒の就労支援にかかわる業務を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more