テーマ:古典・伝統

巫女体験に行ってきました

以前から巫女に興味があったのですが、 巫女なんて若い人しかさせてもらえないだろうと思ってあきらめていたところ 年齢制限なしという神社をみつけて行ってきました。 枚岡神社 別名、元春日といって、春日大社にご縁があり、 現在の宮司さんは春日大社で長年お勤めをしていた方です。 その方の講和をお聞きしたり、 神社のお掃除をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下鴨神社遷宮

先日、下鴨神社の遷宮がありました。 それを記念し、4月29日~5月6日まで普段入れない本殿を見渡せるところへ無料で入れる ということで、しっかり行ってきました。 遷宮直後ということで、本殿前の賽銭箱の近くにはいつもいない二人の男の人が座ってました。 これって、きっと昔神社を守っていた人を模したものだと思います。 ※…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高千穂の夜神楽を見てきました

以前から、高千穂には行ってみたいと思っていたのですが、 本日偶然、大阪のイベントスペースで高千穂の夜神楽をしているのを見つけ、拝見しました。 写真は、手力雄神(たぢからおのかみ)という神様が、天照大神が天岩戸に入ってしまったのを なんとかして出そうとしているシーンのうち、 今まさに岩を投げて、中から出そうとしているところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能勢の浄瑠璃見てきました

大阪の北の端にある能勢という地域は、 200年前から素浄瑠璃という、語りと三味線の文化が根付いているのですが、 今回、その地域にある“地黄城”で行われた人形浄瑠璃他を見てきました。 今回、能勢を訪れたのは、昨年から参加している大阪大学が主催するワークショップがらみのことで、 初めに、能勢の浄瑠璃の歴史についての講座を聞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄瑠璃シアターと大欅

本日は、試験前だというのに、前から行きたかった能勢の浄瑠璃シアターにいって、 実際に人形を触れるということで、元気よくいってきました 途中、能勢の名所でもある地黄公会堂と 大欅も見てきました。 大欅は、幹周りが14mもあるそうで、一緒に写っている人がとても小さく見えます。 そして、浄瑠璃シアター。 残念な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都七福神めぐりに行ってきました

以前から東福寺界隈に行ってみたいと思っていた私は、本日行ってきました。 冬休みの最終日、寒いけど晴れ渡った京都には時折雪が降っていましたが、のんびり散歩できると思って東福寺に行きました。 東福寺の三門は迫力ありました。 方丈の中にある八相の庭は、巨石を大胆に並べた枯山水の庭園である南庭と北斗七星を模した東庭が印象的だが…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

弓道体験(オータム・チャレンジ・スポーツ)に行ってきました

大阪市では、体育の日にいろんなスポーツイベントをしているらしいのですが、 5年前から演劇に興味を持ち始めた私は、毎年この時期になるとどのかのワークショップに参加することになっていることが多く、スポーツをするということはありませんでした。 とはいえ、演劇をするには体力が必要で、年々体力の衰えが気になっていたのも事実。 ということ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鞍馬~貴船へのハイキング、そして、なぜか最後に結婚式

前々から一度行ってみたいと思っていた鞍馬山~貴船神社へのハイキングに行ってきました。 京都へは2ヶ月に1回は散歩に行くのですが、行くところは下鴨神社~清水寺にかけての洛東を中心とした地域で、まだまだいったことがない京都がたくさんあります。 ということで、今年に入ってから三十三間堂にも初めていって、京都の奥深さを実感したのです…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

下鴨神社の特別公開と「待合掛-茶室への誘い 春夏秋冬-」(細見美術展)に行ってきました

下鴨神社好きな私は、時々糺の森をのんびり散歩するのですが、 本日は、本殿の特別公開があると知り、いつもより多めに遊んできました。 下鴨神社の特別公開は年に2回くらいにあったと思うのですが、大抵1ヶ月くらいで終わります。 今回の特別公開も京都のあちこちで開催される、春季特別公開のひとつで 4月24日(土)~5月9日(日)まで開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四天王寺に行ってきました

大阪の四天王寺といえば、聖徳太子が建立した日本最初の官寺なのですが、 大阪に住んでいて、なおかつ、3年前にはすぐ近くにある専門学校で働いていたというのに、一度もいったことがありませんでした。 そこで、別件で近くにいったこともあり、今回初めて行ってみることにしました。 四天王寺は思っていたより大きなお寺だったのですが、京都や奈良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お茶事に行ってきました(細見美術館主催 in三友居 塵外室)

2年前の2月、高台寺の夜咄(よばなし)の茶会に行きましたが、今回は細見美術館が主催している、夜咄(よばなし)の茶事に行ってきました。 お茶事に参加するのはこれで二回目ですが、やっぱりどきどきしながら参加することになりました。 ところで、茶事って何かご存知ない方のために、ちょっとご説明をしておきますが、 茶会は濃茶と薄茶を飲み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての百人一首(カルタ)大会(中学校講師の仕事)

私の勤めている学校では、国語の時間に学習する古典、特に百人一首を覚えてもらうために、毎年1・2年生を中心に百人一首の大会をする。 百人一首といえば、誰もが一度は勉強したことがあるものだと思うのですが、 大阪にある私の勤める学校では、地元の知名にちなんだ句も含まれているため、生徒達にとっては馴染み深いものになっているようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善竹兄弟狂言会に行ってきました

今年の2月、伊丹能楽塾でお世話になった善竹隆平先生が出演される「善竹兄弟狂言会」に行ってきました。 ここでいう善竹兄弟とは、隆司さんと隆平さんのこと。私が教えていただいたのは弟の隆平さんのほうですが、 舞台で演じている隆平先生はやっぱりピリッと引き締まっていました。 今回の演目は「三番三(三番叟とも書く)」「簸屑」「千切木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての芸術鑑賞係(中学校講師の仕事)

中学校の先生の仕事は多義に渡る。 単純に授業だけをすればいいのではない!!! その1回目は、芸術鑑賞のお話。 今回初めて芸術鑑賞の係をさせていただいた。 講師といっても常勤講師になるといろんな仕事を割り振ってもらえるのだが、 芸術鑑賞って何?という状態の私にとって、今回初めて業者の人といろんなことを打ち合わせして行った芸術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者のための「上方伝統芸能ナイト」(4月18日)に行ってきました

前回に引き続き、山本能楽堂で行われた「上方伝統芸能ナイト」に行ってきました。 今回は、講談、お座敷遊び、落語、狂言の4つが上演され、途中にお座敷遊びの体験を見学しました。 まず講談から。 今回の講談は、旭堂南海さんが講じてくださいました。私は講談を聞くのがはじめてだったので、どきどきしながらきいていました。 講談というととて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者のための「上方伝統芸能ナイト」(4月4日)に行ってきました

以前から「上方伝統芸能ナイト」という公演が実施されているのは知っていたのですが、 今年の3月に初めて山本能楽堂に行かせていただいたことをきっかけに、今回拝見させていただきました。 この公演は、“初心者のための”という言葉が頭についている通り、いろんな伝統芸能のいいとこどりみたいな感じに仕上げています。 早くいえば、さびの部分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Eenen 延年 狂言文楽浪花話」を見てきました

普段から能や狂言をよく見に行く私ですが、今回始めて狂言と文楽が合体した舞台を拝見してきました。 狂言師は小笠原匡さん、マイムのワークショップでご一緒した尚子さんのご主人で いろんなアイデアを出して狂言を広く見ていただこうとしておられる方。 と、いうこともあって、今回拝見した「狂言文楽浪花話」も新作で、小笠原さんの作。 狂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹能本番 しっかり演じさせていただきました

オリエンテーションを含めて、たった8回の練習で舞台に立つなんて無謀だ!!! と思っていた私ですが、なんとか本番を乗り切ることができました。 さて、今回私が演じさせていただいた「蟹山伏」ですが、 とにかく練習のチャンスが少ないということもあり、ほとんどが自主練習になってしまいました。 それでも、練習が少ないということが事前にわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more