心理学のスクーリング第1弾終了

6日間のスクーリングが終了しました。

その間、なんと矯正を続けてきた歯が悲鳴をあげて、
ほっぺたがパンパンに腫れあげり、授業を取りやめて通院するという事件が起こりました。

結果は、まだ歯の全体的なメンテナンスをしている真っ最中で、
いろんな治療を中止できないので、

歯の根っこの治療を1日で一気に終わらせるということになりました。

通常臼歯(奥歯のこと)には3つの根っこがあるため、1回で治療を終わらせるということはまずなく、
少しずつ治療をするので、合計で10回くらいに分割することもあるみたいですが、

それを歯の治療のための精密機械を駆使して2時間かけて治療するみたいです。

まぁいうなれば手術ですね。

ということで、先方のスケジュールなどもあって、6月に根っこの治療をします。

これって、全く保険が効かない治療なので、約30万円かかるのがとってもいたいところ・・・

そんなこんなでバタバタしながら受けたスクーリングでしたが、

ひとつだけ分ったことは、私は心理学を中心とした研究をしたいと思っていないということでした。

つまり、2月に大学院に落ちたことで落ち込みましたが、
結果的に、自分に合った分野ではないところで研究しようとしていたわけですから、
落ちてよかったということになります。

博士課程で勉強した方々からは、
自分の研究したい方向性と違う研究をしている先生に師事して研究すると、
ダメ出しをたくさん出されることもあるようで、
博士号を取る以前に、研究が思うように進まないようです。

私の場合は、それだけは回避できたということになります。

それに、心理学を久々に勉強して、自分自身を振り返ることができたのが、一番の収穫だったように思います。

今回の大学は、4年制に編入しているので1年後には別の大学で勉強できる体制にしたいと考えています。
そろそれ方向性をはっきりして、
大学の先生方のお話を聞きにいかなければと考えています。

"心理学のスクーリング第1弾終了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント