テーマ:アートセラピー

アートセラピー体験会に参加いただきましてありがとうございました

初めて大阪南部で行ったアートセラピー体験会は、皆さんに楽しく参加いただいてとてもうれしかったです。 毎回参加者の方たちから言われることですが、私の講座は堅苦しくなくて面白いとのこと。 これって、セラピーといえるのか?と疑問をもたれる方もおられるでしょうが、 基本的に私は楽しんで帰って欲しいと考えております。 セラピーは厳密な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートセラピー体験会(in泉佐野)で実施します

2008年7月5日(土)泉佐野市でアートセラピーの体験会を実施することになりました。 公共施設で実施するのは久しぶりで、また、大阪南部での実施ははじめてのこと、今から皆さんにお会いできるのが楽しみです。 さて、この講座の申し込みはまだできるようです。 といっても先着順受付で、もうすぐ定員に達するようですので、このブログを見てか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悩み多き中年になる前に

自分の生き方が間違っているのではないかと、一般的な人なら一度くらい悩んだことがあるのではないかと思う。 かくゆう私も、今、また人生の分岐点に差し掛かっているみたいだ。 こんなとき、女性なら占いに頼ってみる人もいるだろう(私も、ネットの占いを何度かしたことがある)。 でも、結局占いをしてみたところで、その結果を見ただけで行動に移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ開始2周年 皆様ありがとうございます

このブログを始めてから本日で2年になります。 その間、本当にいろんなことがありましたが、飽きもせず読み続けてくださっている方もいらっしゃるようで、本当にありがとうございます。 思い起こせば2年前、アートセラピーの講座を高齢者施設だけでなく、もっと年齢層を広めて開催したくて、子供向けのアートセラピーを開催している方のお手伝いにいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロードナイト(薔薇輝石)の力を借りたい

私は昔から色の勉強が好きだったので、カラーコーディネイターの資格をとったり、アートセラピーの仕事をするようになったのですが、宝石の力というものも結構信じているのです。 最近、興味があるのはロードナイト。 ピンク色の石なんですが、ところどころに黒い線が入っている石で、 「愛することを行動に変える力」があるそうです。 例えば、ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分に足りないもの

「私って、どうしてこんなにドジなんだろう」って、思ったことありませんか。 実は、私も昔はそうでした。自分だけ失敗してばかりいるような気がしていたのです。 でも、冷静に考えてみるとそんなことはないのです。 自分のミスだけ極端に悪く見えたり、自分がしたミスを周りの人たちがすごく責めているように感じたり、 本当は、自分で自分を責め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

背筋を伸ばす(O脚改善のためにも)

ウォーキングの講座に通い始めてから1ヶ月が過ぎた。 初めは、ウォーキングがこんなに自分の生活を変えることになろうとは思っても見なかったが、急激に人生が変わってきているような気がする。 まず、1番目に変わったことはO脚が緩和したこと。 自分では今まで気がついていなかったことだけど、右足に重心をかけて歩く癖がついていたのが、今は徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分にチャンスを与えるために

人には、自分の知らないものを見ると“おもしろそう”と飛びつく人間と、“危険を冒すのは避けよう”と思う人間の2つのタイプがあると思います。 私の場合は、100%“おもしろそう”と飛びつく人間で、そのため失敗したことは大小合わせると山のようにあるけれど、危険を冒さすに通り過ぎてきた人間に比べると、経験豊富ということになる。 例え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月実施のアートセラピーのお知らせ(in大阪)

11月実施のアートセラピーのお知らせです。 今回から、私の実施している講座内容をより詳しく、わかりやすくするために、どんな講座を目指しているかをチラシにも載せることにしました。 チラシに載せた私の目標(実際に今まで参加くださった方からの感想を参考に) 1、自分の気持ちの整理ができる 2、笑顔が増える 3、無理をしなくなる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は私の出来ることをする

私の出来ることって何だろう? 私だって何かできるはず!!! そう思ったことがある方は多いと思います。 私も昔はそうでした。 30歳前後のとき、何かわからないプレッシャーと闘っていたように思います。 そして、そのせいかどうかわかりませんが、顎関節症の治療に週に1度通っていたにも関わらず、全然治っている実感がわきませんでした。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アートセラピー入門講座(9月)ご参加ありがとうございました

今回の入門講座は、開講が決まってから実施まで期間が短かったため、ほとんど広報活動を行わなかったので、参加していただく方が集まるのか心配だったのですが、予想に反し活気のある講座となり、楽しい時を過ごさせていただきました、本当にありがとうございました。 アートセラピーを本格的にはじめて1年半がたちました。 それまでも、少しずつ行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭で考えているけど、絵や文章にできない

私は自分の職業を聞かれたとき、アートセラピストということにしている。 でも、アートセラピストって何?と本当によく聞かれる。 アートセラピストとは、簡単にいうとアートセラピーを行う人ということになる。 私の場合は、絵を描いたり、貼り絵をしてもらったり、工作をしてもらい、その時々の自分の心を、テーマに沿って表現してもらい、それは何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラワーセラピー体験会を開催します

前回、とても好評だった「カフェでのんびり アートセラピー体験会」の会場を貸切、今回は「フラワーセラピーの体験会」を実施いたします。 場所は前回同様、野田阪神駅近くのほっとできるカフェ(友達のカフェ)です。 日 時 2006年10月6日(金) 午後7時~9時 場 所 KEMURU_JIN(ケムルジン) ※昼間はSeed+(シー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分を認める(アートセラピーの講座案内含む)

人間、余程自分に自信を持っている人でなければ、自分に能力があるとか、美人だとか認めるのは難しいのかもしれない。と、私はよく思う。 でも、それって心の持ちようでいくらでも変えられることでもあるとも思っている。 それは、私のところに相談に来る方の中には、明らかにはきはき話ができているのに、「人前に出ると自分の思っていることが話せない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラワーセラピーの講座 開講準備中

私はアートセラピーを学ぶ途中、フラワーセラピーも一緒に学びました。 それは、私にとって、工作するのも花を活けるのも同じ感覚だったからです。 ただ、アートセラピーとフラワーセラピーの大きな違いは、花にはそれぞれに持って生まれた色や形、そして香りがあるということでした。 絵を描くときに、いろんな糸口を探りながら描くのと違って、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江原啓之さんに聞いてみたかったこと

スピリチュアルというものが何なのかよく理解できていないけれど、いつも「オーラの泉」という番組をみていて、できれば自分の生まれてきた理由を教えてもらえないものかとずっと思っていた。(江原さんの意識に働きかけ、答えをもらえないかと思っていた) そんな中、本日立ち寄った本屋でその答えのようなものを見つけた。 (いつものようにシンクロニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページご覧いただき、ありがとうございます

4月にホームページを大幅リニューアルしてからちょうど2ヶ月がたちました。 気がつくと、300人以上の方にご覧いただいたようです。 本当にありがとうございます。 ブログのほうは、その時の気分で趣味の記事を載せたり、アートセラピーに関する記事を載せたりと、いろいろ楽しませていただいておりますが、ホームページについては、ほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートセラピー入門講座終了(ご参加ありがとうございました)

本日、入門講座前・後半あわせて6回が終了した。 連続講座の場合、スケジュール調整ができず、参加を残念する人が多い。 また、私もそうだが、自分の思っていた内容と違うときは、途中から参加するのがムダのように感じて、いかなくなってしまうこともある。 でも、今回は、前半から参加している人は全6回、後半から参加している人は全3回を、しっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を見るときの“視点”(高齢者のアートセラピーで)

先日、ボランティアスタッフさんと二人で、高齢者施設に行きアートセラピーをしてきた。 高齢者と接している時間は、いつもと同じだったのだが、当日の高齢者の行動を記入していた時、ふと思ったことがある。 それは、相手を見る“視点”。 私は、高齢者の方々が何をしたのかと一緒に、どんなことをしゃべったか、いつもと違うなと思ったことはないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心が混沌としているとき(アートセラピーの結果より)

どうすればいいのだろう。 あれもやりたいけど、これもやりたい。 どれかひとつに絞って方向性を決められればいいけれど、人間なかなかきっぱりと物事を決められない時ってありますよね。 特に学生時代。これから社会人になるっていうときは、初めての経験が多く待っているときでもあって、不安が押し寄せる。 転職しようと考えている時や…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

なんとなく心が落ち着かない時(アートセラピーの結果より)

ふと気付くと、ノートの端にグルグルと渦巻きを書いていたことはありませんか。 なんだかわからないけど、そうすることで落ちついてくるというか、ちょっとすっきりしたような感じを持ったことってないですか。 高齢者施設で絵を描いてもらっているとき、なんどかそんな絵を見たことがあります。 その中の一人は、毎回グルグル渦巻きを描いていたのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たくさんの“気付き”

アートセラピーをしていると、たくさんの気付きがある。 それは生徒さんたちというよりは、講師である私自身のほうが多いのではないかと思う。 それはなぜか、生徒さんはたちはたった1回だけの参加かもしれないが、私は常にいろんな人と出会う。そして、その人たちと会話する。 その中から、たくさんの気付きをもらって、いつも帰ることになるからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートセラピー入門講座 第2部(大阪)

来週から、アートセラピー入門講座の第2部が始まる。 今回は、第1部よりも具体的にイメージしてもらう。 だから、私としては第2部のほうが気楽に受講してもらえるのではないかと思っている。 1回目、「自分と他人の距離を知る」では、単純な塗り絵と貼り絵を中心に実施する。 だから、絵を描くのが苦手だと言う人でも、楽に参加することができ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あなたは人を見ていますか(アートセラピーの結果より)

人間、いろんなものを見ているようで、実はそんなに見ていないもの。 例えば、友達と一緒に同じ風景を見たとする。でも、その人によって気になるところは違う。 映画なんかでもそうだ、記憶に残っているところは必ずしも同じではない。 それを、テーマにそって絵にしてもらうと、もっとはっきりする。 自分が普段よく見ているところ、気になってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェでのアートセラピー結果

カフェでアートセラピーを実施したのは初めてでしたが、こんなにのんびりしていていいのだろうかと思うくらい、のんびりしてしまいました。 そのうえ、1時間半の予定が、雑談しすぎて2時間半になってしまい。 でも、誰一人文句を言う人なく、むしろ、「もうかった」(大阪人なので)という感想をいただきまして、誠にありがとうございます。 それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人ひとりにあった癒し

高齢者施設でアートセラピーを実施することについて問合せをいただいた。 それによると、「みなさんが同じことに楽しさを感じてもらえるかがいつも不安」ということだったが、私は違うと思う。 それは、元々人間は一人ひとり違うのに、同じことを感じてもらおうとすること自体間違っていると思うからである。 同じ空間で、同じことをしていると、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アートセラピー入門講座1日目

本日は雑誌やチラシを好きなだけ使って貼り絵をしました。 「自由に」という言葉に戸惑った方もおられましたが、1日目だというのに、皆さん積極的に貼り絵をしてくださって、主催者としてはとってもやりやすかったです。 アートセラピーは自分の感覚を大切にして、できあがったものを自分で、そしてみんなに受け入れてもらうことでもあると、私は思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の人生を自分で選ぶから納得できる

仕事をしていると、つい文句をいいたくなる時ってありませんか。 それって、誰かに何かをやらされているという気持ちが強いから、自分がしていることを誰かのせいにできるからではありませんか。 自分でやりたかった仕事をするとき、少々つらくても我慢できるけど、はじめから納得できない仕事を任されたとき、心は中途半端なままでずるずる仕事をしてい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

自分の人生ストーリーを描く

小さい頃、学校の先生になりたいとか、スポーツ選手になりたいとか、皆さんも一度くらい自分がこうなりたいという夢を描いたことがあるのではないかと思います。 私は、花を見たり、昆虫を観察するのが好きだったから、生物学者になりたいと思ったことがあります。 でも、それは成長をするうちに「現実」という壁にぶち当たり、あっけなく崩れ去っていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いるべき場所 するべきこと

ときどき自分はこんなことしていていいのなろうかと思うことありませんか。 人間、たとえ他人から見たら成功していると思えるような人でも、心の中はどうなっているかわからないものです。 自分のことを考える。 それは、普段しているようでしていないこと。 例えば、「今日は○○が食べたい」と言ったりすることはあっても、長い目で見て自分がし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more